広告
本稿は無断転載、無断引用を禁止します。

わだかまり【蟠り】

類語・縁語

蟠りというもの
(胸の)つかえ/心残り/(心の中の)“しこり”/“屈託”(を抱える)/(~への)こだわり/(心の)モヤモヤ/トゲ(が残る)/“すっきりしない”感情/(癒えない)“心の傷”/(~への)“執念”/鬱屈(うっくつ)した感情/“屈託”(を抱える)/(埋まらない)“みぞ”/(感情の)“亀裂”/“違和感”(が残る)/(~によって)“禍根”(を断つ)/“恩讐”(を越えて~)
相互的な・特定人物などに対する蟠り
感情的なもつれ/不信感/悪感情/隔意(をもつ)/遺恨/恨み/確執/反目/不和/(~への)悪意/冷たい“火花”(が散る)/“癒えない”(関係)/(関係が)こじれたまま/“むらむら”とした(顔)
蟠りがない
こだわりがない/(性格的に)“単純”/“底意地”がない/屈託がない/あっけらかんと/わだかまりなく(接する)/すっきりした(胸の内)/“心から”(祝福する)/“腹の底”から(笑う)/“恩讐”を越えた(和解)/(~に)さらりと(応じる)/竹を割ったような(性格)

(c) Copyright 2016-2021 Naoshi Fujimoto. All rights reserved.

広告