広告
本稿は無断転載、無断引用を禁止します。

よる【夜】

類語・縁語

夜というもの
夜(や)/夜(よ)/宵(よい)/宵のうち/晩/日没後/小夜(さよ)(曲)/夜半(よわ)/夜半(やはん)/夜分/よなか/夜更け/深夜/深更/夜間/夜分/春夜/春宵(しゅんしょう)/(秋の)夜長/白夜/夜来の(雨)/一夜(明けると~)/(~と)半夜(を過ごす)/宵越し(の金)/夜空/徹夜(明け)/“夜なべ”(仕事)/(デイアンド)ナイト
複数を意味する夜
いく晩(か過ぎる)/いく晩(も眠れない)/夜々(は過ぎ行く)/よなよな/夜ごと(現れる)/毎晩/毎夜(の宴会)
明・暗などの視点に基づく夜
(秋の)長夜(ちょうや)/ながよ/(夏の)短夜(たんや)/みじかよ/暮夜(ぼや)(ひそかに~)/“夜の闇”(が忍び寄る)/“夜闇”/“暗闇”(があたりを包む)/闇夜/夜陰(に乗じて)/月夜/良夜/“白夜”/よわ(の月)/不夜(城)/“夜目”にも(白く~)/夜のとばり(が降りる)/熱帯夜/(空気が)“濃い”/(空気が)“重い”/「星を仰いで(家を出る)」
夜を徹して~
「夜(よ)(を徹して~)」の項参照

(c) Copyright 2016-2021 Naoshi Fujimoto. All rights reserved.

広告