広告
本稿は無断転載、無断引用を禁止します。

ほこり【埃】

類語・縁語

埃というもの
土ぼこり/砂ぼこり/ワタぼこり/砂塵(さじん)/黄砂(こうさ)/黄塵(こうじん)(万丈の大地)/塵埃(じんあい)/(細かい)ごみ/砂つぶ/(もうもうたる)土けむり/砂けむり
埃が立つ
乾いた土が(風に)舞う/ちりが舞い上がる/粉塵(ふんじん)が立ち込める/灰神楽(はいかぐら)が上がる/(トラックが)ホコリを巻き上げる/砂ぼこりを立てる/砂ぼこりを上げる
(商品・人などが)埃をかぶる
(うっすらと)ホコリが積もる/(の上に)ホコリがたまる/(~が)チリをかぶる/チリにまみれる/(汗と)ホコリにまみれる/ホコリまみれになる/(耳の中にまで)砂ぼこりが入る/(体が)土ぼこりに覆われる
(文書・計画案などが)埃をかぶる
(誰も)目にとめない/(誰からも)顧みられない/見向きもされない/無視される/ないがしろにされる/(計画案が)タナざらしにされる/(~の片隅に)放置される/見捨てられる/(~に)握りつぶされる/(引き出しの底で)“眠る”/(ネコも)またいで通る(しろ物)

(c) Copyright 2016-2021 Naoshi Fujimoto. All rights reserved.

広告