広告
本稿は無断転載、無断引用を禁止します。

たんでき【耽溺】

類語・縁語

耽溺ということ
没入/没頭/(~への)執着/耽蕩(たんとう)/(美への)執念/三昧(さんまい)の境地/(飽くなき)こだわり/(~への)偏執性/“陶酔”/(~に)夢中/熱中/専心/深入り/やみつき/熱狂的な(阪神ファン)/(~に)“骨がらみ”/(読書)“中毒”/(ミステリーの)“耽読”(たんどく)/(ビデオ)“オタク”/“ディレッタンティズム”/“自分の世界”に入る/(~から)抜けられない/(~から)離れられない/病膏肓(やまいこうこう)に入る/「(もはや)“ビョーキ”と言うしかない」
(女・博打などに)耽溺する
(~に)ふける/おぼれる/のめり込む/(~に)どっぷりつかる/(~に)“入れ込む”/“惑溺”(わくでき)する/(~に)うつつを抜かす/(~に)血道を上げる/憑(つ)かれる/陶酔する/(クスリ)漬けの(日々)
(趣味・道楽などに)耽溺する
(~に)熱中する/耽蕩(たんとう)する/(~に)打ち込む/ほれ込む/(~に)うき身をやつす/われを忘れる/(~の魅力に)とらえられる/(~に)夢中になる/(~に)“はまる”/(~を)“耽読”(たんどく)する/(~などの書物に)浸る/(書見に)“ふける”/(~を)読みふける/(~を)耽読する/むさぼり読む/(~への)傾斜を深める/(~することに)こだわる/凝(こ)る/(~に)“火”がつく/(~に)“淫する”/(~に)我を忘れる

(c) Copyright 2016-2020 Naoshi Fujimoto. All rights reserved.

広告