広告
本稿は無断転載、無断引用を禁止します。

しゅら【修羅】

類語・縁語

釈尊の守り神としての・怪奇な存在としての修羅
阿修羅/鬼神/悪神/悪鬼/魔/魔物/呪神/邪神/“鬼”/“夜叉”(やしゃ)/“鬼子母神”/モンスター/デーモン
人間内部の・現象などとしての修羅
(心の)悪魔/欲望/醜さ/浅ましさ/葛藤(かっとう)/煩悩(ぼんのう)/悩み/苦悩/“苦患”(くげん)/修羅の妄執/(内なる)“狂気”/(男の)業苦/(女心の)激しさ/(女の)業(ごう)/人間の業/(人の)“性”(さが)/“恋路の闇”(に迷う)/(恨みの)“凄まじさ”/(~への)“怨念”/“怨恨の情”/“ルサンチマン”/(本能的)“エネルギー”/獣性/鬼(嫁)/“火宅”の(人)/“情痴”/“情炎”/“痴情”/(抑圧された)“劣情”/放蕩無頼の(生)/(胸中は)“火の車”/(心の)地獄/(カネの)“亡者”/(悪の)“権化”/(~に)“のたうつ”/猟奇(事件)

(c) Copyright 2016-2021 Naoshi Fujimoto. All rights reserved.

広告