広告
本稿は無断転載、無断引用を禁止します。

ひからびる【干からびる】

類語・縁語

地面・生命などが干からびる
(大地が)乾く/(ひどく)乾燥する/乾き切る/ひからび切る/“日照り”(が続く)/カラカラ(天気)/(池が)干上がる/干ばつ(に見舞われる)/“枯れ”(肌)/(唇が)カサカサになる/潤いがない/(~が)日干しになる/(草木が)枯れる/“しなびる”/(夫婦の愛が)“風化”する/(老いて)元気がない/“やせ枯れる”/“生気”がない(表情)/“そそけた”(顔)/(パンが)パサパサになる
文章・思想などが干からびる
“ドライ”な/非人間的な/索漠とした/のっぺりした/ツルンとした/味気ない/潤いがない/趣きがない/みずみずしさがない/温かみがない/人間味がない/“血”が通っていない/“貧血状態”/浮き世離れした(議論)/(作品が)“死んで”いる/生き生きしていない/生気がない/勢いがない/ダイナミックでない/無味乾燥な(法律論)/面白くない/つまらない/“むなしい”(神学論争)/“机上の空論”/“象牙の塔”(に閉じこもる)/“アカデミズム”の(世界)/(生命力の)“衰退”

(c) Copyright 2016-2021 Naoshi Fujimoto. All rights reserved.

広告